耳管開放症|ひわたし耳鼻咽喉科クリニック|【土日診療】亀岡市で口コミが評判の耳鼻科

診療時間
09:00-12:00
13:30-15:30
16:30-19:30
  • …予約診察・手術
  • …日曜(第1/3/5週)
  • 休診日:木曜午後、土曜午後、日曜(第2/4週)、祝日
電話でのご予約・お問い合わせはコチラ

0771-21-3387

WEB診療
予約
手術相談
予約
予防接種
予約

電話でのご予約・お問い合わせ

0771-21-3387

耳管開放症

エッセンス

  • 耳管が開大して閉じないために、自声強聴・耳閉感の症状が出ます。
  • 子どもの耳管開放症では、「鼻ススリ」を続けると鼓膜が陥凹していくので注意が必要。
  • 過度なダイエットやストレスは増悪要因です。

 

耳管開放症とは

鼓膜の奥の中耳という空間は、耳管という管で鼻とつながっています。耳管は中耳の気圧を外気圧と同じようにする機能を持っています。耳管は普段は閉まっていて、唾をゴクッと飲み込んだり、あくびをしたときだけ瞬間的に開き、すぐにまた閉じます。しかし、何らかの原因で閉じきらず、開いている時間が長くなる、もしくは開きっぱなしになることがあります。耳管がしっかり閉じなくなるこの病気を「耳管開放症」といいます。

耳管開放症の原因

耳管は軟骨で構成されており、そのまわりは脂肪層が取り囲んでいます。この脂肪層が薄くなると耳管が開き気味になり耳管開放症を誘発します。その原因として、急なダイエットや何らかの病期を患って急に体重が減る、ということが挙げられます。その他に水分不足やストレス、ホルモンバランスの変化などが要因となります。

耳管開放症の症状

耳管が開いているため、鼻側からの自分自身の声や呼吸が直に耳側に伝わるため、「自分の声が大きく響く(自声強聴)」「呼吸の音が聞こえる」という症状が出ます。また耳管が開いているのですが、不思議と逆に「耳がつまった感覚(耳閉感)」として症状にでることも多く、自覚症状からでは耳管が狭くなる「耳管狭窄症」との判別が難しいこともあります。布団に横になったり、深くおじぎをするように頭を下げたりすると、耳管の周りの血管が膨らんで管が狭くなり、症状が一時的に軽くなる、というのが一つの特徴です。

子どもの場合は耳管がまだ成長段階で未熟なために、やや開き気味のことがあります。開き気味の耳管を「鼻すすり」をして無理やり閉じることができるのですが、これで耳閉感が解消されるために、鼻すすりをして違和感をとるということが癖になりがちです。頻繁な鼻すすりは鼓膜まで引っ張り込んでしまい、鼓膜が陥凹して周囲の骨をとかしていく真珠腫性中耳炎に移行するため注意が必要です。

耳管開放症の診断

耳管開放症の検査では、耳鏡や顕微鏡で鼓膜を観察します。実際に深呼吸や息こらえで鼓膜が動いている様子は内視鏡でモニターに映し出して一緒に見て頂きます。ティンパノメトリー(外耳の圧力を人為的に変化させて、それに関連した鼓膜の動きを測定する検査)では正常な状態を示しますが、工夫を行うとこちらでものどの音圧が中耳まで到達していることが確認できます。耳管機能検査では、嚥下に一致して耳管開大持続時間の延長したり、音圧が上がらない所見が認められるため診断に重要です。

確定診断は、「耳管開放症診断基準」に沿って行います。

耳管開放症の治療

ストレスや生活スタイル(ダイエットなど)が原因になっていると考えられる場合は、それらの原因となっている状況を回避して、元の安定した状態に戻すことが大切です。お薬としては、生理食塩水の点鼻薬や漢方薬で治療します。また、直接、サリチル酸・グリセリンやルゴールなどを、カテーテル通気管を介して耳管内へ投与することで、耳管の粘膜に炎症を起こして耳管を狭くする治療もあります。さらに、鼓膜の振動を緩和させることを目的に、鼓膜にテープを張る治療も有効で、これらを組み合わせて治療します。

一方、手術的な治療として、鼓膜を切開して鼓膜側の耳管から耳管を狭くするためのシリコン製の耳管ピンという医療材料を挿入する手術や、咽頭側の耳管から自分の脂肪組織を挿入するという手術の有効性も報告されていますが、耳管開放症の専門施設での治療となるので、難治性の場合は当該施設へご紹介させて頂きます。

TOP