補聴器外来|ひわたし耳鼻咽喉科クリニック|【土日診療】亀岡市で口コミが評判の耳鼻科

診療時間
09:00-12:00
13:30-15:30
16:30-19:30
  • …予約診察・手術
  • …日曜(第1/3/5週)
  • 休診日:木曜午後、土曜午後、日曜(第2/4週)、祝日
電話でのご予約・お問い合わせはコチラ

0771-21-3387

WEB診療
予約
手術相談
予約
予防接種
予約

電話でのご予約・お問い合わせ

0771-21-3387

補聴器外来

補聴器外来について

最近、このような症状はありませんか?

  • テレビのボリュームが大きくなっている
  • 小さい声が聞こえにくい、会話で聞き返すことがよくある
  • 1対1の会話はなんとか大丈夫だが、大勢でいるときに会話がうまく聞き取れない
  • 聞き間違えることが増えてきた

年齢を重ねるにつれ、耳の聞こえが悪いと感じる方の割合は増えていきます。
「最近聞こえが悪く、そろそろ補聴器が必要かな」と思ったときは、まずは耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。聴力の低下の中には、治療で回復が期待できるケースがあり、また、放置しておくと進行してしまうケースもあるためです。
補聴器外来では、はじめに耳や鼓膜を観察し、聴力などを調べ、治療が必要な病気が潜んでいないかを確認します。
聞こえが悪くなる耳垢や慢性中耳炎などがみられた場合、まずそちらの治療からはじめます。加齢性難聴など、治療による回復が見込めず、難聴による不便を感じておられる場合に、補聴器の装用を検討します。
加齢による聴力の低下は、年々少しずつ進行しますので、補聴器を装用するタイミングが重要です。
聴覚に関連する脳の機能を活用し続けるために、耳が遠くなったと感じた時点で評価を受け、適切に補聴器の装用を開始することが大切です。難聴が気になりはじめたらお早めにご相談ください。

補聴器について

適切な診断ときめ細かい調整によって快適な聞こえが実現します

補聴器は、市販されていますのでどなたでも購入することができますが、メガネなどと異なり、医師の適切な診断と患者様の状態に合わせたきめ細かい調整によって、快適な聞こえが可能となります。低音から高音まで、聞こえの程度は一人ひとり異なるため、上手く機種の選択と調整をしないと購入してもよく聞こえません。
補聴器外来では、補聴器によって聞こえの状態を改善できると判断された場合、患者様と相談しながら最適な補聴器を選び、貸し出しでお試しいただきながら調整していきます。その後、快適に使えるようになった時点で購入を検討いただきます。購入後のアフターケアも重要で、細かな調整をさらに繰り返し最適化していきます。
※なお、既にお持ちの補聴器の調整は基本的には当院ではおこなっていません。調整を考えられている方は、購入した補聴器店でまずはご相談をしてください。なお、補聴器の耐用年数は5年と言われています。

ライフスタイルや好みに合わせて機種選択

現在、補聴器には多くのタイプがあり、機能や形、大きさもいろいろです。最近のものは、小型で目立たないものが主流になっています。多機能で高価なものもありますが、高価であればどなたでも必ず合うというわけではありません。単に高いものを選ぶよりも、ご自分のライフスタイルや好みに合わせて、聞こえ方・機能・フィット感・見た目・予算等を考慮して選ぶことが大切になります。
【補聴器の種類】
具体的には以下のようなタイプがあります。
・耳あな型オーダーメイド補聴器
・耳掛け型補聴器
・ポケット型補聴器 など

より快適な暮らしが期待できます

補聴器は装用すれば、難聴ではない頃と全く同じように聞こえるわけではありません。しかし、これまで聞こえなかった音が聞こえるようになることで、日常生活での様々な不便が軽減され、より快適に暮らせるようになります。

補聴器装用までの流れ

①診断
まず、耳内を診察し耳垢など難聴の原因が他にないかを確認します。次に音への反応を調べる純音聴力検査と単音やことばの聞き取りを調べる語音聴力検査を行い、補聴器をつけて効果がありそうかを判断します。
これらの検査結果をわかりやすくお伝えし、聞こえに関してのお困りの事などもうかがったうえで、補聴器の必要性やタイプについてアドバイス致します。

②補聴器の機種選択・フィッティング・貸し出し
診察の結果、補聴器の適応があると考えた場合、補聴器外来の予約をとります。
後日、医師と認定補聴器技能者の立ち合いのもと、補聴器の機種を選択し、フィッティング(個々の患者様の聞こえに合わせた調整)、装用指導を行います。
補聴器は院内の試聴だけでなく、ご自宅に持ち帰り、実際の生活環境の中で試していただくことができます。
試聴期間は、補聴器に関しては無料でのお貸出しとなります。別途、フィッティング時に耳型採取を行う場合はあります。

③補聴器の調整
1~2週間ご使用いいただき、再受診の際に使用感などを詳しくうかがいながら調整していきます。何度かこのような調整を繰り返して快適にお使いいただけるようにします。試聴や貸し出しの際には、購入費用についてもきちんとお伝えしています。

上記の3ステップのあと、効果を実感された方にはじめて補聴器を購入いただきます。装用した補聴器がご自身の聴力像に合っているか、実際にどの程度聞こえるようになっているか、などを確認するために補聴器適合検査を行います。当院は防音室を備えるなど、より正確な診断を心がけています。
最初は片方の耳に装用することから始めます。補聴器を装用する耳は、よく音が聴こえる方、よく言葉の聞き取りが優れている方に装用を始めます。慣れてくれば両方の耳に装用することをお勧めします。両耳から音を取り入れることで多くのメリットがあるためです。

〇アフターケア

聞こえの状態は変化しますし、ライフスタイルが変わることで必要な聞こえ方も変わってくることがあります。こうした変化にも対応しながら、定期的に微調整を行うことで、長く快適に補聴器をお使いいただけます。補聴器の掃除や点検も行っていますので、気軽にお越しください。

補聴器購入時の公費負担制度

難聴の聴力検査の結果、身体障害者の認定基準に該当する場合、お住まいの自治体から補聴器購入にかかった費用の一定額が支給されます。自治体で申請用の申請書を受け取り、受診の際にご持参ください。当院にて診断書を作成したら、後日申請が可能になります。

 

※当院では患者様に安心、納得していただけるために専門の認定補聴器技能者による補聴器外来を行っております(完全予約制)。

TOP